Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

志賀直哉

スポンサーリンク
日本文学

志賀直哉の小僧の神様のあらすじ「神さまの気持ちと小僧の想い」

志賀直哉「小僧の神様」あらすじをご紹介します。仙吉は、神田にある秤屋で奉公をしている小僧でした。彼は噂で旨い寿司屋の話を聞き、いつか自分もその店に自由に行けるような身分になりたいと思っていました。それから数日後、八銭の電車賃を渡されて使いに出ます。
日本文学

暗夜行路のあらすじ「大自然の中で思うこと」

志賀直哉「暗夜行路」のあらすじを簡単にご紹介します。主人公は作者である志賀直哉自身がモデルだと言われています。時任謙作は、母が他界した後に祖父に引き取られ、その祖父が逝去したあとは、祖父の愛人だったお栄と暮らします。
日本文学

城の崎にてのあらすじ「生きているということ」

志賀直哉「城の崎にて」のあらすじを簡単にご紹介します。物語は主人公が事故に合ったところから始まります。養生のために一人で城崎温泉に出掛け、そこで様々な生き物に出会います。そうして自分が生きていることについて考えるのです。
スポンサーリンク