谷崎潤一郎

スポンサーリンク
日本文学

春琴抄のあらすじ「献身的な愛」

谷崎潤一郎「春琴抄」のあらすじを簡単にご紹介します。「鵙屋春琴伝」という伝記に書かれた春琴の墓を、「私」が訪ねるところから始まります。そして春琴と佐助の物語が展開されます。春琴は音曲を学び、佐助は丁稚として奉公します。
スポンサーリンク