芥川龍之介

スポンサーリンク
日本文学

芥川龍之介の芋粥のあらすじ「長年の願いを叶えたときの気持ち」

芥川龍之介「芋粥」あらすじをご紹介します。主人公の五位は、摂政に仕える下級役人です。彼は四十歳過ぎでみすぼらしい身なりだったので、同僚たちに馬鹿にされる情けない日々を送っていました。しかしひどい扱いを受けても一切腹を立てることもありません。
日本文学

芥川龍之介の地獄変のあらすじ「娘が犠牲になっても芸術を貫く男」

芥川龍之介の地獄変のあらすじをご紹介します。平安時代、良秀という名の絵仏師がいました。彼の絵は天下一だと都でもその腕前は評判でしたが、醜い容貌と高慢な性格で、周囲からは怪しい噂が絶えません。そんな良秀には、可愛らしくて優しい性格の娘がいます。
日本文学

芥川龍之介の杜子春のあらすじ「仙人になれなかった若者」

芥川龍之介の杜子春のあらすじをご紹介します。唐の都である洛陽に、杜子春という若者がいました。彼は金持ちの家に生まれますが、両親が残した財産で遊びながら暮らしており、散財した今では一文無しの生活を送っていたのでした。
日本文学

芥川龍之介の鼻のあらすじ「長い鼻を笑われる僧」

芥川龍之介「鼻」のあらすじをご紹介します。物語は五十を越えた老僧の特徴を紹介するシーンから始まります。池の尾の僧である禅智内供(ぜんちないぐ)は、約15センチもの長さもある鼻を持っています。そのため、人々にはからかわれ馬鹿にされる日々でした。
日本文学

羅生門のあらすじを簡単に。「生きていくための悪」

芥川龍之介「羅生門」の簡単なあらすじをご紹介します。屍が横たわる羅生門にある下人が雨宿りにきます。数日前に解雇され途方に暮れている下人は謎の老婆に出会いある決心をします。状況により変化する善悪を描いた作品となっています。
日本文学

芥川龍之介の河童のあらすじ「主人公は不思議な国へ迷いこんだ」

芥川龍之介の河童のあらすじを間単に紹介します。物語はある男が河童に出会うところから始まります。河童の国に迷い込んだ男は、最初は馴染んでいるかのように感じましたが、そのうち河童たちの思想に疑問を持つようになったのです。
スポンサーリンク