田山花袋

スポンサーリンク
日本文学

田山花袋の田舎教師のあらすじ「何も成し得なかった青年」

田山花袋「田舎教師」のあらすじを簡単にご紹介します。明治時代の中期、中学を卒業した清三は貧困のため進学することができずにいました。そんな彼は、親友の父親のはからいで村の小学校の代用教員として働くこととなります。
スポンサーリンク