川端康成

スポンサーリンク
日本文学

伊豆の踊子のあらすじ「無邪気な踊り子の笑顔」

川端康成「伊豆の踊子」のあらすじを簡単にご紹介します。物語は自分の存在価値に悩む青年が旅をするところから始まります。青年は憂鬱が嫌になって一人で伊豆に出かけます。彼は旅芸人に出会い、一人の踊り子に心を惹かれるのです。
日本文学

雪国のあらすじ「長いトンネルを抜けると」

川端康成「雪国」の簡単なあらすじをご紹介します。物語は「国境の長いトンネルを抜けると雪国であった」という有名なフレーズから始まります。十二月、島村は雪国に向かって汽車に乗っていました。彼は自由気ままな生活を送っています。
スポンサーリンク