太宰治

スポンサーリンク
日本文学

太宰治の斜陽のあらすじ「没落した貴族たちの美しき滅び」

太宰治「斜陽」あらすじをご紹介します。かず子は華族の家に生まれ、裕福な生活を送っていました。しかし、第二次世界大戦で敗戦してからはその生活は一変し、没落貴族となります。東京での生活が苦しくなったかず子と母は、家を売って伊豆で暮らすことにしました。
日本文学

太宰治のヴィヨンの妻のあらすじ「遊び人の夫を持つ妻」

太宰治「ヴィヨンの妻」あらすじをご紹介します。語り手の女性は、遊び人の旦那である大谷と二歳になる息子との三人暮らしをしていました。大谷は仕事もせずに遊び歩いていたので、家にはお金もなく度々熱を出す息子を病院に連れていくことも困難な状況でした。
日本文学

太宰治の人間失格のあらすじ「幸せも不幸もない」

太宰治「人間失格」 あらすじをご紹介します。大庭葉蔵は人間というものに対して恐怖と難解さを感じており、それ故にいつも孤独でした。そのため、幼い頃から自分の感情を悟られないように道化を演じて来たのでした。しかし、演技であると見破られそうになります。
日本文学

富嶽百景のあらすじ「良い富士を見た」

太宰治「富嶽百景」のあらすじを簡単にご紹介します。物語は、富士について語るところから始まります。昭和十三年の秋、太宰は思いを新たにする覚悟で旅に出ます。そして富士河口湖町の御坂峠にある天下茶屋に滞在することにしました。
日本文学

女生徒のあらすじ「思春期の少女が日常に思うこと」

太宰治「女生徒」のあらすじを簡単にご紹介します。物語は、14歳の多感な女生徒があらゆる感情に葛藤する様子を綴っています。主人公の女生徒が、朝目を覚ますところから始まります。家に帰るまでの一日の流れに沿って物語は進みます。
スポンサーリンク