夏目漱石

スポンサーリンク
日本文学

夏目漱石の三四郎のあらすじ「田舎から出てきた青年の人間ドラマ」

夏目漱石「三四郎」あらすじをご紹介します。小川三四郎は熊本の高校を卒業した後、東京の大学に入学するため汽車に乗っていました。その道中、一泊する際に間違えて向かいに座っていた女性と同室になってしまいます。しかし何も起こることなく夜が明けます。
日本文学

夏目漱石の草枕のあらすじ「とかくに人の世は住みにくい」

夏目漱石「草枕」あらすじをご紹介します。日露戦争の頃、三十歳の画家である主人公は、芸術についての思いを巡らせながら山道を歩きます。途中で雨が降ってきたため、道中の茶屋に入って一休みすることに。主人公はその店の老婆に、ある娘の話を聞かされます。
日本文学

夏目漱石の彼岸過迄のあらすじ「様々な人間模様」

夏目漱石「彼岸過迄」のあらすじを簡単にご紹介します。久しぶりに執筆することに対して「面白いものを書かなければいけない」という語り出しから始まります。作品は六つの短編を連ねることで、一つの長編小説が完成するという構成です。
日本文学

吾輩は猫であるのあらすじ「猫の趣味は人間観察」

夏目漱石の「我輩は猫である」のあらすじを簡単にご紹介します。生まれてすぐに捨てられた、一匹の猫がいました。彼には名前もなく、どこで生まれたのかなど検討もつきません。そんな猫は、自分のことを吾輩と呼ぶのでした。
日本文学

夏目漱石のこころのあらすじ「友人より恋を選んだ末路」

夏目漱石「こころ」のあらすじを簡単に紹介します。主人公が先生と出会ってから物語は始まります。魅力を感じる先生の過去が知りたくなった主人公にある日手紙が届き、そこには知りたかった先生の過去が詳細に書かれていました。
スポンサーリンク