スポンサーリンク
日本文学

芥川龍之介の地獄変のあらすじ「娘が犠牲になっても芸術を貫く男」

芥川龍之介の地獄変のあらすじをご紹介します。平安時代、良秀という名の絵仏師がいました。彼の絵は天下一だと都でもその腕前は評判でしたが、醜い容貌と高慢な性格で、周囲からは怪しい噂が絶えません。そんな良秀には、可愛らしくて優しい性格の娘がいます。
日本文学

芥川龍之介の杜子春のあらすじ「仙人になれなかった若者」

芥川龍之介の杜子春のあらすじをご紹介します。唐の都である洛陽に、杜子春という若者がいました。彼は金持ちの家に生まれますが、両親が残した財産で遊びながら暮らしており、散財した今では一文無しの生活を送っていたのでした。
日本文学

芥川龍之介の鼻のあらすじ「長い鼻を笑われる僧」

芥川龍之介「鼻」のあらすじをご紹介します。物語は五十を越えた老僧の特徴を紹介するシーンから始まります。池の尾の僧である禅智内供(ぜんちないぐ)は、約15センチもの長さもある鼻を持っています。そのため、人々にはからかわれ馬鹿にされる日々でした。
スポンサーリンク
日本文学

江戸川乱歩の黒蜥蜴のあらすじ「女盗賊と探偵の駆け引き」

江戸川乱歩の黒蜥蜴のあらすじをご紹介します。物語は怪しい集まりのシーンから始まります。東京の暗黒街の一角で、クリスマスイヴのパーティが催されています。そこでは宝石のみを身にまとった美女が崇められており、左腕には黒い蜥蜴の刺青が入っていました。
日本文学

江戸川乱歩の一寸法師のあらすじ「人の片腕を持ち歩く小男」

江戸川乱歩の一寸法師のあらすじをご紹介します。物語は人間の腕を持ち歩く男の登場からはじまります。ある夜、明智小五郎の友人である小林紋三は、一寸法師のような背の低い男を見かけます。何気なく後を追ってみると、その男は持っていた風呂敷包みから…。
日本文学

江戸川乱歩の怪人二十面相のあらすじ「二十以上の顔を持つ怪盗」

江戸川乱歩「怪人二十面相」のあらすじをご紹介します。大怪盗二十面相は、二十の異なる顔を持つ変装名人です。彼は盗みを働く前には必ず予告状を送ります。次のターゲットは、大実業家の羽柴壮太郎邸にあるロマノフ王家に伝わる宝冠のダイヤモンドでした。
日本文学

孤島の鬼のあらすじ「男を想い続ける男」

江戸川乱歩「孤島の鬼」のあらすじを簡単にご紹介します。主人公である蓑浦はまだ若いのに総白髪となっており、妻の体には大きな傷跡があります。その理由を説明するため、自分の経験した陰惨な事件を本にまとめたのだと語るのです。
日本文学

芋虫のあらすじ「人としての尊厳」

江戸川乱歩「芋虫」のあらすじを簡単にご紹介します。登場人物は須永時子とその夫・須永中尉、大家の鷲尾少将の三人です。須永中尉は戦争により両手両足、さらには聴覚や味覚まで失い、そんな須永の世話をするのは妻の時子です。
オカルト

フリーメイソンって何してるの?

フリーメイソンは謎に包まれている組織ですが、実際のところ何してるのでしょう。歴史や活動をまとめてみました。フリーメイソンリーは世界中に会員がいる友愛団体であり、自己の成長や社会のために活動している組織であると言えます。
日本文学

人間椅子のあらすじ「皮一枚隔てた快感」

江戸川乱歩「人間椅子」あらすじを簡単にご紹介します。物語はある裕福な暮らしをする女性作家が手紙を読むところから始まります。椅子職人から送られてきたその手紙には、彼の生い立ちと椅子に絡む罪が告白されていたのです。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました