スポンサーリンク
日本文学

芋虫のあらすじ「人としての尊厳」

江戸川乱歩「芋虫」のあらすじを簡単にご紹介します。登場人物は須永時子とその夫・須永中尉、大家の鷲尾少将の三人です。須永中尉は戦争により両手両足、さらには聴覚や味覚まで失い、そんな須永の世話をするのは妻の時子です。
エンタメ

フリーメイソンって何してるの?

フリーメイソンは謎に包まれている組織ですが、実際のところ何してるのでしょう。歴史や活動をまとめてみました。フリーメイソンリーは世界中に会員がいる友愛団体であり、自己の成長や社会のために活動している組織であると言えます。
日本文学

人間椅子のあらすじ「皮一枚隔てた快感」

江戸川乱歩「人間椅子」あらすじを簡単にご紹介します。物語はある裕福な暮らしをする女性作家が手紙を読むところから始まります。椅子職人から送られてきたその手紙には、彼の生い立ちと椅子に絡む罪が告白されていたのです。
スポンサーリンク
日本文学

獄門島のあらすじ「因果に縛られる人々」

横溝正史「獄門島」のあらすじを簡単にご紹介します。物語は、屏風に描かれた俳句に見立てて事件が実行されていきます。金田一耕助は、戦友であった鬼頭千万太が亡くなったことを知らせるために、彼の故郷である獄門島へと向かいます。
日本文学

悪魔の手毬唄のあらすじ「哀しい愛憎劇」

横溝正史「悪魔の手毬唄」の簡単なあらすじをご紹介します。物語は劇中に出てくる手毬唄の歌詞に沿って事件が発生していきます。磯川常次郎警部の依頼で、金田一耕助は鬼首村を訪れ、23年前の殺人事件を調べていくと新たな事件が…。
日本文学

犬神家の一族のあらすじ「スケキヨとは?」

横溝正史「犬神家の一族」あらすじを簡単にご紹介します。富豪である犬神左兵衛は、莫大な遺産と謎めいた遺言状を残して他界します。彼の残した遺言状は、長女松子の息子である佐清(スケキヨ)が戻ってから開封されることになります。
日本文学

夏目漱石の彼岸過迄のあらすじ「様々な人間模様」

夏目漱石「彼岸過迄」のあらすじを簡単にご紹介します。久しぶりに執筆することに対して「面白いものを書かなければいけない」という語り出しから始まります。作品は六つの短編を連ねることで、一つの長編小説が完成するという構成です。
日本文学

田山花袋の田舎教師のあらすじ「何も成し得なかった青年」

田山花袋「田舎教師」のあらすじを簡単にご紹介します。明治時代の中期、中学を卒業した清三は貧困のため進学することができずにいました。そんな彼は、親友の父親のはからいで村の小学校の代用教員として働くこととなります。
日本文学

樋口一葉の十三夜のあらすじ「明治を生きた女性の悲哀」

樋口一葉「十三夜」のあらすじを簡単にご紹介します。物語は、主人公の女性が実家に帰ろうかと迷っている場面から始まります。主人公のお関は、上級官史の原田勇の妻となっていますが、夫から邪険にされていることに悩んでいます。
日本文学

夜明け前のあらすじ「時代に裏切られた男」

島崎藤村「夜明け前」のあらすじを簡単にご紹介します。物語は「木曾路はすべて山の中である」という有名なフレーズから始まります。旧青山家の当主である半蔵は明治維新での改革を期待していましたが、それは希望とは違うものでした。
スポンサーリンク