スポンサーリンク
日本文学

夏目漱石の三四郎のあらすじ「田舎から出てきた青年の人間ドラマ」

夏目漱石「三四郎」あらすじをご紹介します。小川三四郎は熊本の高校を卒業した後、東京の大学に入学するため汽車に乗っていました。その道中、一泊する際に間違えて向かいに座っていた女性と同室になってしまいます。しかし何も起こることなく夜が明けます。
日本文学

夏目漱石の草枕のあらすじ「とかくに人の世は住みにくい」

夏目漱石「草枕」あらすじをご紹介します。日露戦争の頃、三十歳の画家である主人公は、芸術についての思いを巡らせながら山道を歩きます。途中で雨が降ってきたため、道中の茶屋に入って一休みすることに。主人公はその店の老婆に、ある娘の話を聞かされます。
日本文学

芥川龍之介の芋粥のあらすじ「長年の願いを叶えたときの気持ち」

芥川龍之介「芋粥」あらすじをご紹介します。主人公の五位は、摂政に仕える下級役人です。彼は四十歳過ぎでみすぼらしい身なりだったので、同僚たちに馬鹿にされる情けない日々を送っていました。しかしひどい扱いを受けても一切腹を立てることもありません。
スポンサーリンク
日本文学

芥川龍之介の地獄変のあらすじ「娘が犠牲になっても芸術を貫く男」

芥川龍之介の地獄変のあらすじをご紹介します。平安時代、良秀という名の絵仏師がいました。彼の絵は天下一だと都でもその腕前は評判でしたが、醜い容貌と高慢な性格で、周囲からは怪しい噂が絶えません。そんな良秀には、可愛らしくて優しい性格の娘がいます。
日本文学

芥川龍之介の杜子春のあらすじ「仙人になれなかった若者」

芥川龍之介の杜子春のあらすじをご紹介します。唐の都である洛陽に、杜子春という若者がいました。彼は金持ちの家に生まれますが、両親が残した財産で遊びながら暮らしており、散財した今では一文無しの生活を送っていたのでした。
日本文学

芥川龍之介の鼻のあらすじ「長い鼻を笑われる僧」

芥川龍之介「鼻」のあらすじをご紹介します。物語は五十を越えた老僧の特徴を紹介するシーンから始まります。池の尾の僧である禅智内供(ぜんちないぐ)は、約15センチもの長さもある鼻を持っています。そのため、人々にはからかわれ馬鹿にされる日々でした。
日本文学

江戸川乱歩の黒蜥蜴のあらすじ「女盗賊と探偵の駆け引き」

江戸川乱歩の黒蜥蜴のあらすじをご紹介します。物語は怪しい集まりのシーンから始まります。東京の暗黒街の一角で、クリスマスイヴのパーティが催されています。そこでは宝石のみを身にまとった美女が崇められており、左腕には黒い蜥蜴の刺青が入っていました。
日本文学

江戸川乱歩の一寸法師のあらすじ「人の片腕を持ち歩く小男」

江戸川乱歩の一寸法師のあらすじをご紹介します。物語は人間の腕を持ち歩く男の登場からはじまります。ある夜、明智小五郎の友人である小林紋三は、一寸法師のような背の低い男を見かけます。何気なく後を追ってみると、その男は持っていた風呂敷包みから…。
日本文学

江戸川乱歩の怪人二十面相のあらすじ「二十以上の顔を持つ怪盗」

江戸川乱歩「怪人二十面相」のあらすじをご紹介します。大怪盗二十面相は、二十の異なる顔を持つ変装名人です。彼は盗みを働く前には必ず予告状を送ります。次のターゲットは、大実業家の羽柴壮太郎邸にあるロマノフ王家に伝わる宝冠のダイヤモンドでした。
日本文学

孤島の鬼のあらすじ「男を想い続ける男」

江戸川乱歩「孤島の鬼」のあらすじを簡単にご紹介します。主人公である蓑浦はまだ若いのに総白髪となっており、妻の体には大きな傷跡があります。その理由を説明するため、自分の経験した陰惨な事件を本にまとめたのだと語るのです。
スポンサーリンク