スポンサーリンク
不思議

塩まじないって知ってる?悩み事を書いて燃やすだけのおまじないだよ

塩まじないは悩み事を書いて燃やすおまじないです。まず紙に困っていることを書き、その紙に塩を少量包んで燃やしてください。最後に燃えカスはトイレや台所で流して処分します。トイレットペーパーに書いて流すという方法もあります。
オカルト

13日の金曜日とキリストの関係!1年に数回やってくる不吉な日!

13日の金曜日はなぜ不吉な日だとされている最も有名な由来には、キリスト教が関係しています。裏切り者のユダが13番目の弟子だったという説、処刑された日が金曜日だったという説。様々な迷信が重なり不吉な日だとされています。
エンタメ

ベルサイユのばらのあらすじ「激動の時代での恋物語」

ベルサイユのばらは池田理代子さんによるフランス革命を舞台にした漫画です。あらすじを簡単に紹介します。主な登場人物はアントワネット、フェルゼン、オスカル、アンドレの4人で、彼ら2組の激しい恋物語が革命と共に描かれています。
スポンサーリンク
海外文学

ロミオとジュリエットのあらすじ「仇同士の家に生まれた悲恋」

ロミオとジュリエットのあらすじを簡単に紹介します。ある場所に敵同士の2つの旧家がありました。その旧家の子であるロミオとジュリエットは出会った瞬間に恋に落ちます。しかし家同士の因縁が2人の恋を悲しい物語にするのです。
海外文学

ハムレットのあらすじ「憎しみの連鎖」

ハムレットのあらすじを簡単に紹介します。ハムレットは父が急に亡くなったこと、母の再婚に困惑します。さらに父の亡霊から毒を盛られたことを告げられたハムレットは復讐にとりつかれて、悲劇の渦中へと身を落としてしまいます。
日本文学

夏目漱石のこころのあらすじ「友人より恋を選んだ末路」

夏目漱石「こころ」のあらすじを簡単に紹介します。主人公が先生と出会ってから物語は始まります。魅力を感じる先生の過去が知りたくなった主人公にある日手紙が届き、そこには知りたかった先生の過去が詳細に書かれていました。
日本文学

芥川龍之介の河童のあらすじ「主人公は不思議な国へ迷いこんだ」

芥川龍之介の河童のあらすじを間単に紹介します。物語はある男が河童に出会うところから始まります。河童の国に迷い込んだ男は、最初は馴染んでいるかのように感じましたが、そのうち河童たちの思想に疑問を持つようになったのです。
文化

古事記ガールとは?歴史好きの女子が増えている!

古事記誕生イベントに触発され、神話に魅了される女子「古事記ガール」が急増しました。しかし古事記に注目が集まったことは良い機会かもしれません。日本人なのに日本の神話について知らない方って意外と多いのではないでしょうか。
歴史

金閣寺はなぜ「金箔塗り」なのか?義満の気持ちを考えてみた!

なぜ金閣寺は「金箔塗りなのか?」という謎の答えは残念ながらいまだに解明されていません。関係する史料なども発見されていないようです。しかし日本人なら一度は行ったことがあるはずの金閣寺、その金箔塗りの理由を考えてみました。
歴史

宮本武蔵の歴史と小説の謎!お通は存在していない?

吉川栄治の小説に出てくるお通は実在しなかったと言われています。宮本武蔵は「生涯妻を娶らなかった」という説があったり、逆に妻がいたという説もありますが、実際の史料などは存在していないので本当のところは謎のままです。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました