スポンサーリンク
日本文学

夏目漱石のこころのあらすじ「友人より恋を選んだ末路」

夏目漱石「こころ」のあらすじを簡単に紹介します。主人公が先生と出会ってから物語は始まります。魅力を感じる先生の過去が知りたくなった主人公にある日手紙が届き、そこには知りたかった先生の過去が詳細に書かれていました。
日本文学

芥川龍之介の河童のあらすじ「主人公は不思議な国へ迷いこんだ」

芥川龍之介の河童のあらすじを間単に紹介します。物語はある男が河童に出会うところから始まります。河童の国に迷い込んだ男は、最初は馴染んでいるかのように感じましたが、そのうち河童たちの思想に疑問を持つようになったのです。
エンタメ

古事記ガールとは?歴史好きの女子が増えている!

古事記誕生イベントに触発され、神話に魅了される女子「古事記ガール」が急増しました。しかし古事記に注目が集まったことは良い機会かもしれません。日本人なのに日本の神話について知らない方って意外と多いのではないでしょうか。
日本史

金閣寺はなぜ「金箔塗り」なのか?義満の気持ちを考えてみた!

なぜ金閣寺は「金箔塗りなのか?」という謎の答えは残念ながらいまだに解明されていません。関係する史料なども発見されていないようです。しかし日本人なら一度は行ったことがあるはずの金閣寺、その金箔塗りの理由を考えてみました。
文学

宮本武蔵の歴史と小説の謎!お通は存在していない?

吉川栄治の小説に出てくるお通は実在しなかったと言われています。宮本武蔵は「生涯妻を娶らなかった」という説があったり、逆に妻がいたという説もありますが、実際の史料などは存在していないので本当のところは謎のままです。
文学

宮沢賢治の「銀河鉄道の夜」は没後発表された作品

宮沢賢治といえば「銀河鉄道の夜」が広く知れ渡っているでしょう。しかし生前の宮沢賢治はほぼ無名の作家でした。現在このように幅広い年代に親しまれている「銀河鉄道の夜」は宮沢賢治の没後に発表された作品だったのです。
海外文学

オズの魔法使いの簡単なあらすじ

オズの魔法使いの簡単なあらすじをご紹介します。主人公はカンザスに住む12歳のドロシーという女の子です。ある日ドロシーは竜巻に飛ばされオズの国にやってきます。そこは魔法が当たり前の世界、そしてドロシーの冒険が始まります。
スポンサーリンク