Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

夏目漱石の三四郎のあらすじ「田舎から出てきた青年の人間ドラマ」

日本文学

明治41年に書かれた夏目漱石の「三四郎」は、前期三部作(「三四郎」「それから」「門」)のひとつです。ちなみに後期三部作は「彼岸過迄」「行人」「こころ」となっています。

小説は、田舎から出てきた純朴な青年が、大学で出会った都会の人たちとの交流を描いた作品です。

そんな三四郎のあらすじとは、一体どんな内容なのでしょう。

夏目漱石の彼岸過迄のあらすじ「様々な人間模様」
夏目漱石「彼岸過迄」のあらすじを簡単にご紹介します。久しぶりに執筆することに対して「面白いものを書かなければいけない」という語り出しから始まります。作品は六つの短編を連ねることで、一つの長編小説が完成するという構成です。
夏目漱石のこころのあらすじ「友人より恋を選んだ末路」
夏目漱石「こころ」のあらすじを簡単に紹介します。主人公が先生と出会ってから物語は始まります。魅力を感じる先生の過去が知りたくなった主人公にある日手紙が届き、そこには知りたかった先生の過去が詳細に書かれていました。
スポンサーリンク

夏目漱石「三四郎」あらすじ

物語は、主人公が汽車の中でぼんやりと目を覚ますシーンから始まります。

上京する列車の中で

小川三四郎は熊本の高校を卒業した後、東京の大学に入学するため汽車に乗っていました。その道中、一泊する際に間違えて向かいに座っていた女性と同室になってしまいます。

しかし何も起こることはなく、三四郎は自分なりに気を遣ったつもりだったのですが、その女性からは度胸のない男だと笑われてしまうのでした。

翌日の汽車では、髭の濃い中年の男性と同席します。彼の話を聞いているうちに、初めて故郷を離れて新たな世界へ出てきたのだという気持ちになるのでした。

仲間たちとの出会い

大学に入学し数ヶ月が経ちますが、三四郎は学ばなければいけない授業内容に興味を持てずにいました。

ある日、大学で知り合った与次郎からある先生を紹介されます。それは、偶然にも汽車で話したあの中年の男性でした。

その先生は広田と言い、同郷の先輩である野々宮の先生でもありました。

広田先生の引っ越しを手伝うことになった三四郎は、野々宮の友人の里見の妹である美禰子と出会います。そして彼らとグループでの付き合いが始まり、それを通して三四郎は様々な経験をしていくのでした。

美禰子への恋心

皆で菊人形の祭りに出掛けた時、三四郎と美禰子はグループからはぐれてしまいます。

そこで二人は初めて打ち解けた話をすることができ、三四郎は次第に美禰子に惹かれていきました。

しかし、美禰子は時々不思議な事を言って三四郎を翻弄します。二人の距離は近づいているように見えましたが、美禰子の気持ちはよく分からなかったのです。

届かなかった想い

そんな中、三四郎と美禰子が話をしていると彼らの前に一人の男が現れました。三四郎は後に、その男が美禰子の結婚相手だと知ります。

美禰子から結婚式の招待状が来ているのに気づいたのは、もうすでに日が過ぎてからでした。

後日、美禰子がモデルとなった絵が展示されている展覧会に行きました。

この絵はどうかと友人たちに聞かれた三四郎は、題名が良くないと言い、かつて美彌子が言っていた「ストレイ・シープ(迷羊)」という言葉を口の中で繰り返すのでした。

夏目漱石の草枕のあらすじ「とかくに人の世は住みにくい」
夏目漱石「草枕」あらすじをご紹介します。日露戦争の頃、三十歳の画家である主人公は、芸術についての思いを巡らせながら山道を歩きます。途中で雨が降ってきたため、道中の茶屋に入って一休みすることに。主人公はその店の老婆に、ある娘の話を聞かされます。
吾輩は猫であるのあらすじ「猫の趣味は人間観察」
夏目漱石の「我輩は猫である」のあらすじを簡単にご紹介します。生まれてすぐに捨てられた、一匹の猫がいました。彼には名前もなく、どこで生まれたのかなど検討もつきません。そんな猫は、自分のことを吾輩と呼ぶのでした。