Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

犬神家の一族のあらすじ「スケキヨとは?」

日本文学

横溝正史の長編小説である「犬神家の一族」は、何度も映像化されている作品です。とくに1976年公開の映画は、「日本映画の金字塔」とも言われているほど評価されています。

とくに物語の重要人物であるスケキヨのインパクトは、映画を知らない人にまで影響力を及ぼしていると言えます。

そんな「犬神家の一族」とは、一体どんな内容なのでしょう。簡単なあらすじをご紹介します。

スポンサーリンク

横溝正史「犬神家の一族」あらすじ

物語は信州の大富豪が亡くなる場面から始まります。

犬神佐兵衛の逝去

信州の財界の富豪である犬神左兵衛は、莫大な遺産と謎めいた遺言状を残して他界します。

彼にはそれぞれ母親の違う三人の娘がおり、三人とも婿養子を取り息子を一人ずつ授かっていましたが、互いに対立をしていたのです。

彼の残した遺産の配当や家業の相続者の記された遺言状は、顧問弁護士である古舘恭三に預けられていました。

ただし、それを開封するのは戦地に赴いていた長女・松子の息子である佐清(すけきよ)が戻ってからと決められており、一族は彼の帰りを待つところとなります。

金田一耕助の登場

左兵衛が逝去した年の10月、金田一耕助は犬神家の調査依頼の手紙を受け取ります。その送り主は、犬神家の顧問弁護士である古舘の事務所に所属する若林豊一郎でした。

依頼を受けた金田一は那須のホテルへ向かいましたが、二人が出会う前に若林はその旅館で毒により果てていたのです。

その後の捜査で遺言状が開封された形跡があったために、若林が何者かに毒を盛られたのではないかと推測されます。

ほどなくして佐清が帰ってくることとなり、ついに遺言状が読まれる日が来ました。

遺言状の開封

しかし戻ってきた佐清は白い仮面で顔面を覆い、その中は火傷で黒くただれており、本当に佐清なのかと誰もが疑いの目を向けます。

遺言状の内容は、三種の家宝である「斧(よき)・琴(こと)・菊(きく)」を、左兵衛の恩人である野々村の孫娘・珠代に託すというものでした。

そして、三姉妹の息子の誰かと珠代が結婚することを条件として、珠代に与えると記されていたのです。

犬神家の壮絶な財産争い

血縁関係のない珠代に全財産が渡るという遺言状の内容に、三姉妹は激怒します。

それをきっかけに彼女たちの仲はいっそう険悪になり、息子を珠代の婿にするための争いが始まっていくのでした。

犬神家の壮絶な後継者争いが幕を開けますが、その直後に竹子の息子である佐武(すけたけ)が何者かの手に掛かってしまいます。彼の首は、菊畑にある菊人形の首とすり替えられていました。

その後も梅子の息子・佐智(すけとも)、そして佐清までが無残な姿で発見されていきます。そんな中、金田一は珠代が野々村ではなく、左兵衛の実の孫娘であることを知るのです。

明かされる真実

左兵衛の孫の男は全滅したように思われましたが、そこに本物の佐清が現れます。

亡くなった佐清と思われていた人物は、実は左兵衛が50歳を過ぎた頃に関係を持った青沼菊乃の息子・静馬だったのです。

そしてついに、佐武、佐智、静馬を手に掛けた真犯人が長女・松子だったことが明らかになります。

佐清は母である松子をかばって自首しようとしたところを静馬に脅され、入れ替わりながら生活していたのだと告白。

すれ違う母子の想い

松子は佐智を始末した後に、佐清だと思っていた静馬から「お前の息子ではない」と宣言されたことで、ショックで彼をも手に掛けました。

そして母を庇うため、その静馬の体を湖に投げ込んだのが佐清だったのです。佐清は共犯とみなされ刑務所へ送られます。

しかし息子が生きていたことに喜んだ松子は、佐清の出所まで結婚を待っていくれるかと珠代に確認した後、自ら命を絶ちました。

感想

犬神家の一族は何度もドラマや映画になっていますので、小説は読んでいなくても内容を知っている方は多いと思います。

「金田一耕助シリーズ」と言えば分かりやすかもしれませんね。

スケキヨの存在感

中でもこの「犬神家の一族」の映画が大成功したのは、スケキヨのインパクトだと言えるでしょう。

映画では白いゴムマスクを被り、その下の顔は怖ろしく焼け爛れていましたが、原作では佐清の顔に似せた端正なマスクだと表現されています。

白いゴムマスクを作り上げたのは市川崑監督であり、そのインパクトの強さから度々ネタにされていますが、1976年の映画は空前の大ヒットとなりました。

スケキヨの最期

さらにスケキヨが発見された様子もかなり印象深いシーンです。湖に下半身を突き出すような格好で息耐えていたスケキヨの映像は、映画を知らない人でもどこかでみたことがあるでしょう。

三姉妹の息子たちの亡くなり方は、家宝である「斧・琴・菊」になぞられています。

そしてこのスケキヨの最期は斧に見立てられており、逆さになったスケキヨはヨキケス、さらに半身だけ見えている状態、すなわちヨキ、ということらしいです。

映画も原作も同じように面白い作品ですので、機会があったら横溝正史の世界観に触れてみてください。

獄門島のあらすじ「因果に縛られる人々」
横溝正史「獄門島」のあらすじを簡単にご紹介します。物語は、屏風に描かれた俳句に見立てて事件が実行されていきます。金田一耕助は、戦友であった鬼頭千万太が亡くなったことを知らせるために、彼の故郷である獄門島へと向かいます。
悪魔の手毬唄のあらすじ「哀しい愛憎劇」
横溝正史「悪魔の手毬唄」の簡単なあらすじをご紹介します。物語は劇中に出てくる手毬唄の歌詞に沿って事件が発生していきます。磯川常次郎警部の依頼で、金田一耕助は鬼首村を訪れ、23年前の殺人事件を調べていくと新たな事件が…。