あらすじ

スポンサーリンク
日本文学

田山花袋の田舎教師のあらすじ「何も成し得なかった青年」

田山花袋「田舎教師」のあらすじを簡単にご紹介します。明治時代の中期、中学を卒業した清三は貧困のため進学することができずにいました。そんな彼は、親友の父親のはからいで村の小学校の代用教員として働くこととなります。
日本文学

樋口一葉の十三夜のあらすじ「明治を生きた女性の悲哀」

樋口一葉「十三夜」のあらすじを簡単にご紹介します。物語は、主人公の女性が実家に帰ろうかと迷っている場面から始まります。主人公のお関は、上級官史の原田勇の妻となっていますが、夫から邪険にされていることに悩んでいます。
日本文学

夜明け前のあらすじ「時代に裏切られた男」

島崎藤村「夜明け前」のあらすじを簡単にご紹介します。物語は「木曾路はすべて山の中である」という有名なフレーズから始まります。旧青山家の当主である半蔵は明治維新での改革を期待していましたが、それは希望とは違うものでした。
スポンサーリンク
日本文学

高野聖のあらすじ「妖しい美女の正体とは?」

泉鏡花「高野聖」のあらすじを簡単にご紹介します。内容は、僧が不思議な体験談を語る物語となっています。青年は列車で旅の僧に出会います。旅僧に同行することになり、青年は宿で僧の若いころの行脚での不思議な体験談を聞くのです。
日本文学

暗夜行路のあらすじ「大自然の中で思うこと」

志賀直哉「暗夜行路」のあらすじを簡単にご紹介します。主人公は作者である志賀直哉自身がモデルだと言われています。時任謙作は、母が他界した後に祖父に引き取られ、その祖父が逝去したあとは、祖父の愛人だったお栄と暮らします。
日本文学

伊豆の踊子のあらすじ「無邪気な踊り子の笑顔」

川端康成「伊豆の踊子」のあらすじを簡単にご紹介します。物語は自分の存在価値に悩む青年が旅をするところから始まります。青年は憂鬱が嫌になって一人で伊豆に出かけます。彼は旅芸人に出会い、一人の踊り子に心を惹かれるのです。
日本文学

春琴抄のあらすじ「献身的な愛」

谷崎潤一郎「春琴抄」のあらすじを簡単にご紹介します。「鵙屋春琴伝」という伝記に書かれた春琴の墓を、「私」が訪ねるところから始まります。そして春琴と佐助の物語が展開されます。春琴は音曲を学び、佐助は丁稚として奉公します。
日本文学

雪国のあらすじ「長いトンネルを抜けると」

川端康成「雪国」の簡単なあらすじをご紹介します。物語は「国境の長いトンネルを抜けると雪国であった」という有名なフレーズから始まります。十二月、島村は雪国に向かって汽車に乗っていました。彼は自由気ままな生活を送っています。
日本文学

富嶽百景のあらすじ「良い富士を見た」

太宰治「富嶽百景」のあらすじを簡単にご紹介します。物語は、富士について語るところから始まります。昭和十三年の秋、太宰は思いを新たにする覚悟で旅に出ます。そして富士河口湖町の御坂峠にある天下茶屋に滞在することにしました。
海外文学

雪の女王のあらすじ「永遠という言葉」

アンデルセン「雪の女王」のあらすじを簡単にご紹介します。物語は悪魔が鏡を作り上げたところから始まります。カイとゲルタという仲良しな友達同士がいました。しかし悪魔の鏡の破片がカイの目と心臓に刺さり性格がガラリと変わります。
スポンサーリンク