海外文学

スポンサーリンク
海外文学

雪の女王のあらすじ「永遠という言葉」

アンデルセン「雪の女王」のあらすじを簡単にご紹介します。物語は悪魔が鏡を作り上げたところから始まります。カイとゲルタという仲良しな友達同士がいました。しかし悪魔の鏡の破片がカイの目と心臓に刺さり性格がガラリと変わります。
海外文学

メルヴィル白鯨のあらすじ「くじらに復讐を誓う狂気の船長」

メルヴィル白鯨のあらすじは、捕鯨船の乗組員の体験手記という形で進みます。海に憧れているイシュメイルは、ある宿屋で銛打ちのクィークェグと同室になったことで親しくなり、老朽捕鯨船「ピークォド号」の乗組員として雇われます。
海外文学

星の王子さまのあらすじを簡単に。「キツネが教えてくれたこと」

星の王子さまのあらすじを簡単に。砂漠で不時着したパイロットのぼくは、小惑星からやってきた王子と出会います。王子は様々な惑星を旅して色んな人たちに出会うのです。そんな風にしてキツネと出会った王子は、大事なことを教わります。
スポンサーリンク
海外文学

風と共に去りぬのあらすじ「ラスト、明日は明日の風が吹く」

風と共に去りぬのあらすじは、南北戦争が起きる直前から物語は始まります。美貌の女性スカーレットはアシュレーに想いを寄せていますが、振られます。しかも悪い噂がある男レット・バトラーに見られた上に興味を持たれるのです。
海外文学

ヘミングウェイ「老人と海」のあらすじを簡単に。

ヘミングウェイ「老人と海」のあらすじを簡単に紹介します。物語は老漁師と、大魚との海での闘いを描いた内容です。不漁続きの老人はある日大きな魚に出くわします。そして4日間にも渡る死闘の末に仕留めますがサメに狙われるのです。
海外文学

ドストエフスキー「カラマーゾフの兄弟」あらすじ

ドストエフスキー「カラマーゾフの兄弟」のあらすじを紹介します。強欲な父親フョードルと長男ドミートリイはある女性を巡って対立しています。次男イヴァンは無心論者で三男の信仰心厚いアレクセイに信仰と社会の矛盾を語ります。
海外文学

ドストエフスキー「罪と罰」のあらすじ

ドストエフスキー「罪と罰」のあらすじをご紹介します。物語は頭脳明晰の青年ラスコーリニコフがある計画を立てているところから始まります。青年は、非凡人は正義のためなら罪を犯してもいいのではないのか、という考え持っています。
海外文学

鏡の国のアリスのあらすじ「チェスの駒になるアリス」

ルイス・キャロルの鏡の国のアリスをあらすじを紹介します。まずアリスが暖炉の前に空想していると鏡の中の世界へ行き、チェス盤が物語の舞台となっています。そこで女王の助言により、アリスは駒になってゲームを進めていくのです。
海外文学

不思議の国のアリスの原作のあらすじ「不朽の名作」

不思議の国のアリスの原作のあらすじを簡単に紹介します。お姉さんと本を読むところから物語はスタートします。退屈だったアリスは言葉を喋るウサギを見つけて追いかけ、それから体が小さくなったり大きくなったりを繰り返します。
海外文学

ロミオとジュリエットのあらすじ「仇同士の家に生まれた悲恋」

ロミオとジュリエットのあらすじを簡単に紹介します。ある場所に敵同士の2つの旧家がありました。その旧家の子であるロミオとジュリエットは出会った瞬間に恋に落ちます。しかし家同士の因縁が2人の恋を悲しい物語にするのです。
スポンサーリンク