日本文学

スポンサーリンク
日本文学

羅生門のあらすじを簡単に。「生きていくための悪」

芥川龍之介「羅生門」の簡単なあらすじをご紹介します。屍が横たわる羅生門にある下人が雨宿りにきます。数日前に解雇され途方に暮れている下人は謎の老婆に出会いある決心をします。状況により変化する善悪を描いた作品となっています。
日本文学

南総里見八犬伝の簡単なあらすじ「八犬士が誕生するきっかけ」

南総里見八犬伝の簡単なあらすじをご紹介します。安房の国に里見義実とその娘、伏姫がいました。義実は敵将の首を取れば伏姫を与えようと犬の八房に言ったところ、本当に敵将の首を噛んで襲いかかります。そして伏姫は山に入ることに。
日本文学

伊勢物語の簡単なあらすじ「平安時代のプレイボーイ」

伊勢物語の簡単なあらすじをご紹介します。まず物語は初冠から始まります。ある男が元服を済ませて奈良へ鷹狩りへと向かいます。そこで男は美しい姉妹を見て心が動転します。早速その想いを、着ていた狩衣の裾に歌をしたためて贈ります。
日本文学

源氏物語のあらすじを簡単に。「雅な方たちの恋模様」

源氏物語のあらすじを簡単にご紹介します。源氏の君は母の面影を感じさせる藤壺の宮に恋焦がれます。しかし藤壺は父帝の妻、許される恋ではありません。それでも想いを遂げてしまった2人は、帝を裏切っている罪悪感に苦しむのです。
日本文学

夏目漱石のこころのあらすじ「友人より恋を選んだ末路」

夏目漱石「こころ」のあらすじを簡単に紹介します。主人公が先生と出会ってから物語は始まります。魅力を感じる先生の過去が知りたくなった主人公にある日手紙が届き、そこには知りたかった先生の過去が詳細に書かれていました。
日本文学

芥川龍之介の河童のあらすじ「主人公は不思議な国へ迷いこんだ」

芥川龍之介の河童のあらすじを間単に紹介します。物語はある男が河童に出会うところから始まります。河童の国に迷い込んだ男は、最初は馴染んでいるかのように感じましたが、そのうち河童たちの思想に疑問を持つようになったのです。
スポンサーリンク