日本文学

スポンサーリンク
日本文学

野菊の墓のあらすじ「幼い2人の恋模様」

伊藤左千夫「野菊の墓」のあらすじを簡単にご紹介します。物語は、15歳の少年と17歳の少女との淡い恋模様となっています。小学校を卒業したばかりの政夫は、病気の母と一緒に暮らしています。そこへ従姉である民子が訪れていました。
日本文学

路傍の石のあらすじ「優秀な少年の苦難」

山本有三「路傍の石」のあらすじを簡単にご紹介します。物語は、貧しい環境に暮らす少年の成長する様子を綴っていきます。小学六年生の愛川吾一は、担任の先生に目にかけられるほどの成績優秀な学生ですが、家庭環境がよくありません。
日本文学

三島由紀夫「金閣寺」のあらすじを簡単に。

三島由紀夫「金閣寺」のあらすじを簡単にご紹介します。物語は、金閣寺の美しさに惹かれる主人公の告白を綴っていく形で進みます。貧しい寺で生まれた溝口は、僧侶である父から金閣寺ほど美しい物はないと繰り返し聞かされて育ちます。
スポンサーリンク
日本文学

城の崎にてのあらすじ「生きているということ」

志賀直哉「城の崎にて」のあらすじを簡単にご紹介します。物語は主人公が事故に合ったところから始まります。養生のために一人で城崎温泉に出掛け、そこで様々な生き物に出会います。そうして自分が生きていることについて考えるのです。
日本文学

山椒大夫のあらすじ「一家離散の果てに」

森鴎外「山椒大夫」のあらすじを簡単にご紹介します。物語は、父を探す旅人の一家が登場する場面から始まります。旅の途中に騙された一家は人買いに売られてバラバラになります。それから安寿と厨子王の姉弟は悲惨な境遇に立たされます。
日本文学

阿部一族のあらすじ「許可なく殉死した老臣の悲劇」

森鴎外の短編小説「阿部一族」のあらすじを簡単にご紹介します。物語は、肥後藩主である細川忠利の病状が悪化する場面から始まります。次々と後追い自害を願い出る側近たち、しかし老臣である阿部弥一右衛門には殉死の許しは出ません。
日本文学

吾輩は猫であるのあらすじ「猫の趣味は人間観察」

夏目漱石の「我輩は猫である」のあらすじを簡単にご紹介します。生まれてすぐに捨てられた、一匹の猫がいました。彼には名前もなく、どこで生まれたのかなど検討もつきません。そんな猫は、自分のことを吾輩と呼ぶのでした。
日本文学

恩讐の彼方にのあらすじ「贖罪者と復讐者」

菊池寛「恩讐の彼方に」のあらすじを簡単にご紹介します。物語は主人から不義を言い立てられる場面から始まります。市九郎は、自らの主人である中川三郎兵衛の愛妾、お弓と密かに心を通わせていました。しかしある時バレてしまい…。
日本文学

まんじゅうこわいの意味ってどんなの?

まんじゅうこわいの意味は、本当は大好きなまんじゅうを手に入れるために、こわいこわいと怯えて周りの人たち引っ掛けようとするとんちです。とても有名な落語の演目であり、最終的にはお茶まで欲しがっている笑い話になります。
日本文学

夢野久作のドグラ・マグラ「精神に異常を来たすのか?」

夢野久作のドグラ・マグラは読めば精神に異常をきたすという、強烈なキャッチコピーがある難解な小説です。簡単なあらすじをご紹介します。物語は記憶喪失の男が目覚めるシーンから始まり、どんどん不気味な雰囲気を醸し出していきます。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました