Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

あらすじ

スポンサーリンク
洋画

デッド・シティ2055のあらすじ「刑事役がよく似合うあの人」

デッド・シティ2055のネタバレあらすじ。時は近未来の世界、そこでは一部の富豪の為に犯罪でさえ合法になる都市「ヴァイス」があります。ヴァイスのオーナーであるジュリアン(ブルース・ウィリス)は、富豪たちの欲求を満足させるためにヴァイスで暮らすヒューマノイドを管理しています。
日本文学

志賀直哉の小僧の神様のあらすじ「神さまの気持ちと小僧の想い」

志賀直哉「小僧の神様」あらすじをご紹介します。仙吉は、神田にある秤屋で奉公をしている小僧でした。彼は噂で旨い寿司屋の話を聞き、いつか自分もその店に自由に行けるような身分になりたいと思っていました。それから数日後、八銭の電車賃を渡されて使いに出ます。
日本文学

太宰治の斜陽のあらすじ「没落した貴族たちの美しき滅び」

太宰治「斜陽」あらすじをご紹介します。かず子は華族の家に生まれ、裕福な生活を送っていました。しかし、第二次世界大戦で敗戦してからはその生活は一変し、没落貴族となります。東京での生活が苦しくなったかず子と母は、家を売って伊豆で暮らすことにしました。
スポンサーリンク
日本文学

太宰治のヴィヨンの妻のあらすじ「遊び人の夫を持つ妻」

太宰治「ヴィヨンの妻」あらすじをご紹介します。語り手の女性は、遊び人の旦那である大谷と二歳になる息子との三人暮らしをしていました。大谷は仕事もせずに遊び歩いていたので、家にはお金もなく度々熱を出す息子を病院に連れていくことも困難な状況でした。
日本文学

太宰治の人間失格のあらすじ「幸せも不幸もない」

太宰治「人間失格」 あらすじをご紹介します。大庭葉蔵は人間というものに対して恐怖と難解さを感じており、それ故にいつも孤独でした。そのため、幼い頃から自分の感情を悟られないように道化を演じて来たのでした。しかし、演技であると見破られそうになります。
日本文学

夏目漱石の三四郎のあらすじ「田舎から出てきた青年の人間ドラマ」

夏目漱石「三四郎」あらすじをご紹介します。小川三四郎は熊本の高校を卒業した後、東京の大学に入学するため汽車に乗っていました。その道中、一泊する際に間違えて向かいに座っていた女性と同室になってしまいます。しかし何も起こることなく夜が明けます。
日本文学

夏目漱石の草枕のあらすじ「とかくに人の世は住みにくい」

夏目漱石「草枕」あらすじをご紹介します。日露戦争の頃、三十歳の画家である主人公は、芸術についての思いを巡らせながら山道を歩きます。途中で雨が降ってきたため、道中の茶屋に入って一休みすることに。主人公はその店の老婆に、ある娘の話を聞かされます。
日本文学

芥川龍之介の芋粥のあらすじ「長年の願いを叶えたときの気持ち」

芥川龍之介「芋粥」あらすじをご紹介します。主人公の五位は、摂政に仕える下級役人です。彼は四十歳過ぎでみすぼらしい身なりだったので、同僚たちに馬鹿にされる情けない日々を送っていました。しかしひどい扱いを受けても一切腹を立てることもありません。
日本文学

芥川龍之介の地獄変のあらすじ「娘が犠牲になっても芸術を貫く男」

芥川龍之介の地獄変のあらすじをご紹介します。平安時代、良秀という名の絵仏師がいました。彼の絵は天下一だと都でもその腕前は評判でしたが、醜い容貌と高慢な性格で、周囲からは怪しい噂が絶えません。そんな良秀には、可愛らしくて優しい性格の娘がいます。
日本文学

芥川龍之介の杜子春のあらすじ「仙人になれなかった若者」

芥川龍之介の杜子春のあらすじをご紹介します。唐の都である洛陽に、杜子春という若者がいました。彼は金持ちの家に生まれますが、両親が残した財産で遊びながら暮らしており、散財した今では一文無しの生活を送っていたのでした。
スポンサーリンク